確定申告に対応している

青色申告控除が受けられるタイプ

個人事業を行うとき、白色申告と青色申告のどちらかで申告をしなくてはいけません。青色申告は事前に申し出が必要で、いつでも行えるわけではありません。ただ節税効果が期待できるので、できれば青色申告をした方がいいでしょう。青色申告をするには複式簿記ができないといけないので、経理に詳しくない人は少し苦労するかもしれません。その時は青色申告の確定申告に対応した会計ソフトを選ぶようにしましょう。商品によっては青色申告を前面に出しているものもあります。仕訳が入力しやすくなっていて、経理の知識があまりなくてもどんどん入力ができます。入力をしたら、後は申告書を出力するだけになります。毎年申告書が変わるので、最新の申告書に対応したものを選びましょう。

複式簿記の方が経営管理がしやすい

個人事業だと、白色申告での申告が可能です。単式簿記と呼ばれる簡易的な方法で作成した帳簿で書類が提出できますが、青色申告時のような節税効果はあまり得られません。節税効果が得られないならとそのまま白色申告を続ける人がいますが、それは少しもったいないでしょう。会計ソフトの中に確定申告に対応しているものがあり、こちらなら青色申告に対応した処理が可能になります。複式簿記と呼ばれる正式な方法が取られていて、売上や経費の認識だけでなく、現金や資産、借入や資本の残高なども把握できます。事業がうまくいっているのか、現金などの資産が正常な状態かなども把握できます。節税効果だけでなく、経営目的としても確定申告に対応した会計ソフトを使うようにしましょう。

© Copyright Best Accounting Software. All Rights Reserved.