クリスマスのご案内

「天使は言った。私は民全体に与えられる大きな喜びを告げる。今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった。この方こそ主メシアである。」(ルカによる福音書第2章10ー11節)

いよいよクリスマスChirstmasです。それは約2000年前、人類の歴史上たった一回限り、神の独り子が パレスチナのダビデの町ベツレヘムで降誕したこと。それは神様が決定的に私たちと共にいて下さることを明らかにされた日。それがどんなに素晴らしいことであるか、どんなに愛に満ちた出来事であるか、現代の皆様は気づいているでしょうか。その夜空に天使の大軍によって歌われた”人類の救い主の降誕”の賛美歌を聞きながら、羊飼いたちはマリア様とヨセフ様と”飼い葉桶に寝かされてある乳飲み子”を探し当て、神様をあがめ賛美したのは、”人類初のクリスマス”と言えるでしょう。
実に、「キリストは神の身分でありながら神と等しい者であることに固執せず、かえって自分を無にして、しもべの身分となり人間と同じ者となられた」(フィリピ書2章6節)のです。しかも「へりくだって、死に至るまで、それも十字架の死に至るまで従順」(フィリピ書2章8節)で、人間の罪の汚れを引き受けられたのです。これほどの愛の実践はないでしょう。こうして、イエズス・キリストが創始した全世界のカトリック教会は、キリスト降誕を祝う「クリスマスのミサ」Chirstmasに皆様を招いています。

今年のクリスマスに、ご家族やカップルで、お近くのカトリック教会に集い、父なる神様に感謝と賛美を共に捧げませんか。

12kurisumasu

12kurisumasu1